肝臓の機能を回復する方法


肝臓のことを考えよう

肝臓は代謝や解毒などの重要な作用を行う大切な器官ですが、その一方で「沈黙の臓器」と言われるほど自覚症状が出にくく、気がついたときには肝臓病が進行して いたという場合も多いので、できるだけ普段から気をつけて機能回復を考えるようにすることが必要です。

肝臓の機能を回復するためにまず行うべきなのは、バランスのとれた規則正しい食事、ストレス解消、適度な運動、十分な睡眠など、生活習慣を改善するということ です。もし、お酒を普段から飲んでいるようでしたら飲酒ストップは 必須かもしれません。

食事に関しては、特にビタミンA、E、Cなどの抗酸化作用のあるビタミンや、良質のたんぱく質などを摂ることが大切です。

また、便秘になると腸内に悪玉菌が増えて有害物質が発生し、解毒を行う肝臓に負担がかかるため、便秘を予防する対策をとることも役に立つはずです。

便秘予防としては、緑黄色野菜などに多い食物繊維や、ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌などを積極的に摂るようにすると良いでしょう。この他では過度の飲酒 も肝臓に負担をかけることになるので、飲み過ぎには十分に注意することが必要です。

また、肝機能の回復に役立つと言われるオルニチンや亜鉛、タウリンなどを含むサプリメントを利用してみることもお勧めできる方法です。


ページのトップへ戻る